2014年05月23日

プチ読書感想文vol.349「わかりやすい文章を書く技術」樋口裕一 ★★★☆☆

20DC2929-C962-4ABA-8895-7EA0DD2D2B41.png

◇タイトル
わかりやすい文章を書く技術/樋口裕一
◇お気に入り度
★★★☆☆


わかりやすい文章って、目的とか状況によって変わるよね。

ただただ、正しい日本語で書けばいいかというと、そうじゃないのが文章の難しいところだと思います


漢字とひらがなのバランスとか、文節の長さとか、難しい用語をどこまで使っていいのかとか、そういう基本的なスキルを最低限は身につけておくとして、

じゃあ、そのスキルを、どこでどうやって使うのか。


やっぱりそこが難しいし、日々鍛えていかなくちゃいけないところだと思います




こうやってブログを書きながら少しは鍛えているつもりだけれど、まだまだ上手くいかないことの方が多くて、、、


精進あるのみ、です



posted by atsumint at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

プチ読書感想文vol.348「日本人のためのKindle入門」松宮義仁 ★★★☆☆

91851140-188C-4A6C-8A15-2E849CF70D7D.png
◇タイトル
日本人のためのKindle入門/松宮義仁
◇お気に入り度
★★★☆☆

さくっと10分で立ち読みして、Kindleを使ったビジネスノウハウをぎゅっといただきました。

ポイントのひとつは、Kindleを使って優良な顧客リストを作って、その先で儲けろ、というお話ですね


でも、ぼくがこの本から一番学んだことは、これです。
Kindle本の値段の相場はせいぜい本の10分の1の100円くらいだから、文字数も10分の1でいい。読者もその軽さを望んでいる。


なるほど、と。

必ずしもリアル本と同等の文字数を書く必要はないんですね。はっとさせられました。

たしかに、それくらいの分量ならば、書けそうな気がしてきました。ちょっと、分量の多さに躊躇してた自分がいるので、これは嬉しいアドバイスですね


ということで、途中やりになっていたあれを、復活させて、3ヶ月以内の感完成を目指そうと思います。がんばる!


posted by atsumint at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

プチ読書感想文vol.347「俺俺」星野智幸 ★★☆☆☆

03668FE8-2F24-425B-B6A8-39910402C893.jpg

◇タイトル
俺俺/星野智幸
◇お気に入り度
★★☆☆☆


なんだかよくわからない展開と、だらだらしたストーリーと、緊迫感のない対決シーンが、ぼくには合わなかったです。

最後に、みんなで自分たちを共食いしまくって減っていくって、どんなやねん


後半の3分の1くらいは、半分読み飛ばすくらいの勢いで読んじゃいました。



、、、これが、亀梨和也主演で単品で映画化されたってのがちょっと信じられない。読んだ限りでは、世にも奇妙な物語あたりで、短編でやるくらいがちょうどいいと思うんだけどな


posted by atsumint at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

プチ読書感想文vol.346「トリックシアター」遠藤武文 ★☆☆☆☆

F0E7843C-DC50-4377-89C5-B3E77C30CC11.jpg

◇タイトル
トリックシアター/遠藤武文
◇お気に入り度
★☆☆☆☆

正直、どこに面白さがあるのかよくわからなかったかな

前作(続編ではない)も読んだことがあって、実はその中の登場人物がまたこの話の鍵になってくる人物でもあるんだけど、そこがまずよくわからない。

前作でどんなキャラだったのか覚えてることが前提で、それでやっと驚ける設定なんだけど、あんまりよく覚えてなかった俺には「???」という感じで


それを抜きにしても、キャラの多さと弱さとか、トリックの弱さとか、全体的によくわからない印象で、物足りなかったです
posted by atsumint at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

プチ読書感想文vol.345「黒革の手帖」松本清張 ★★★★★

2E616C43-08E1-4ECE-8C71-4DADD00C39CB.jpg

◇タイトル
黒革の手帖/松本清張
◇お気に入り度
★★★★★

もう4,50年前の作品って、ほんと?

増刷が何十回もされていて、誰もが認めるレジェンドなんどけど、松本清張の作品は今読んでも、まるで現代の作品かのように楽しめるよね


これも、話の内容的にはもちろん昭和の時代なんだけど、古臭くない。

きっと、人間の心理なんて、この時代からずっとたいして変わってないんだろうな。


小説は読むんだけど松本清張はまだ、っていう人がいたら、経験として、どの作品でもいいから1冊は読んでみて欲しいです。

オススメ!!




posted by atsumint at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。