2014年06月22日

プチ読書感想文vol.359「殺人初心者」秦建日子 ★★☆☆☆

B9CD8C7C-B7D6-4010-8E5C-824EDA4096C0.jpg

◇タイトル
殺人初心者/秦建日子
◇お気に入り度
★★☆☆☆


科学捜査官とか理系ミステリー小説は、今となっては珍しくないよね、東野圭吾のガリレオとか、森博嗣とか。


いや、別にそこまでコアな理系小説を狙ったわけではないんだろうけどね、主人公の先輩のキャラがガリレオちっくに尖ってたから、ちょっと理系を期待しちゃった
まぁ、帯には理系女子って書いてあるしね。


そしたら、理系具合が物足りなくて、まぁ読んでるうちに期待しちゃいけないって気がついたけど、もう遅かったね。

ダニを使って解決するくだりのところとか、なんかこう、うううって、ああそういう感じなのねってなりました


森博嗣が読みたい。
森博嗣が読みたい。
森博嗣が読みたい。





posted by atsumint at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

プチ読書感想文vol.358「クライマーズハイ」横山秀夫 ★★★★☆

BB4C504F-29BA-49F2-A72B-1D2CC7FA3390.jpg

◇タイトル
クライマーズハイ/横山秀夫
◇お気に入り度
★★★★☆

横山秀夫の小説は常に"男の緊迫感"みたいなものがあるよね。最初から最後まで、ずっとドキドキしてる。

社会人としての経験をそれなりに積んだからか、その緊迫感がリアルに理解できるのが楽しいな


会社内での人間関係のこととか、家族と仕事とのバランスの問題だとか、大変なんだよね、社会人って。

面白かったです!


posted by atsumint at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

プチ読書感想文vol.357「キケン」有川浩 ★★★☆☆

8F3223C2-0CC4-41B8-8FEA-EBEA1E259027.jpg

◇タイトル
キケン/有川浩
◇お気に入り度
★★★☆☆

理系的なサークルノリが楽しそう

こういう学生の青春系の話を読むたびに、サークル入っておいてよかったなーって思います。

大学生活が充実してたかどうかって、勉強的な充実具合はおいておいて、サークルみたいな仲間とどれだけいろんな経験ができたか、だもんね


学生で、もしまだサークルに入ってなかったり、社会人で、同じ趣味の仲間がいない人は、いますぐ勇気を出して飛び込んでみることをオススメします


あー、俺もそろそろ、音楽じゃなくて、新しいくくりでの仲間がほしいなー
posted by atsumint at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

プチ読書感想文vol.356「15分あれば喫茶店に入りなさい」齋藤孝 ★★★★☆

295DBEC3-6102-4D5D-A415-0FC9DEFA2856.jpg

◇タイトル
15分あれば喫茶店に入りなさい/齋藤孝
◇お気に入り度
★★★★☆


賛成です。喫茶店やカフェは、何かをやるにはもってこいの場所だと思います


ぼくもよく、曲を作るときには喫茶店に行って作詞やら構成やらを考えたりしますね。

ぼーっとしちゃうこともあれば、家では思いつかないアイデアが出てきたりすることも少なくないです


なんていったって、名古屋は世界一喫茶店に恵まれた街。もう、これを活かさなきゃもう名古屋人じゃないよね。


ああ、名古屋人でよかった



posted by atsumint at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチ読書感想文vol.355「本日は、お日柄もよく」原田マハ ★★★★★

E503FBA7-83E9-4F86-8D9F-9FE5BC9BD485.jpg

◇タイトル
本日は、お日柄もよく/原田マハ
◇お気に入り度
★★★★★

面白かったです

ふだんから言葉にはすごく興味があったから、スピーチライターという職業がテーマになっている時点で、すでに面白い。

スピーチと関連して、コピー(キャッチコピー)にすごく興味がありまして。実は毎年、日本最大のコピーコンテストである宣伝会議賞というのにも参加してます。

成績はめちゃめちゃですけど。


スピーチはコピーと違ってストーリーがあるし、文字だけじゃなくてそれを語る人間も絡んでくるから、もっともっと難しいんだろうな。

読んでて、ずっと楽しかったです


あと良かったのは、奥田英朗みたく、基本的に悪い人間がひとりも出てこないところ。

一人くらい悪人がいないとピリッとしない、という人もいますが、俺は必ずしも必要ではないと思っています。読んでいて、気持ちがいいもんね。

他の作品も読んでみたくなりました



posted by atsumint at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。